南京の概況

扬子江の畔にある「博愛」の都
南京は金陵とも呼ばれ、長江下流の沿岸にあり、長江口から約300キロ離れている。江蘇省の省都で、総面積は約6582平方キロメートル、11区を管轄し、常住人口は約816万。

北京の前の首都
周知の通り、北京は中国の首都で、歴史的に重要な地位を占めているが、その前に中国の首都であった南京は古都として北京ほど知られていない。南京は2500年余の歴史があり、都としては500年も超え、長い間中国南部の政治と文化の中心であった。そして、中国四代古都の一つであり、「六朝古都」、「十朝都会」の美名も残っている。

包容力のある町
南京は何度も栄枯盛衰と王朝の交代を繰り返し、世の中の物事に寛容な態度で、文化、人種、国籍などを問わず、全てを受け入れる包容力を持っている。文学は繁栄し、傑出した人物は輩出し、規模雄大な山河は美しくこんな南京であるから、今は観光・レジャーの目的地として人気が高まっている。

オススメコース

数日間の小旅行や、町で暮らす人々の生活をのぞきながらゆったりと巡る長期旅行など、素晴らしい南京に出会える。
クラシックルート
Classic Route

南京の歴史を紐解く旅

約2,500年前に春秋時代より存在し、日本人にも三国志で有名な三国時代には、呉の孫権が南京を都にしています。その後の南朝・北朝時代には南朝の都だった時期が長く続き、明王朝の都、中華民国の首都でもあった南京で、悠久の時の流れを感じてみませんか。
スペシャルコース
Characteristic Trip

特色のある観光コース

南京は豊富な観光資源を有し、特色のある観光コースもいくつかあり、その中でも代表的なのは「職人初心の伝承―文化遺産の旅」、「心を洗う聖殿―人文と礼仏の旅」、「生活を楽しむ―のんびりする旅」という名の三つのコースである。
学びのルート
Study Nanjing

より深い南京を楽しむ

ゆっくりと古城の長い小路をのんびり散歩して、独特な南京を体験しましょう。地元の人と同じような一日を過ごし、生活様式を体験することで、普通の旅行者が体験できない美しい南京を見つけることができます。

博愛の都

七年連続「中国の幸せな都市top10」に入る、南京に生活して幸せ満杯

南京にある日本

色々な文化がここに融合し、異なる地域からの人はここで生活している。包容力こそ、南京の特徴である。